バストケアの方法は人それぞれ!自分に合った方法をコツコツと!

最近は諦めがちというのが本音ですが、美への追求は日々の努力と思います。

私は日頃の姿勢を機にするために少し高いヒールを履いて、歩き方に気をつける。胸を張って毎日歩く。家でも補強ブラを欠かせない。寝るときに使用する夜間ブラと同じものですが、必ずどんなときも使用する。日々の自分の体の観察も毎朝、毎晩と欠かせない。サプリメントも使用して、ホルモン活性化させるもの、アンテェンジングのものを使用しております。マッサージもアロマオイルを使用して、アップしろと念を押しながら、ゆっくりと寝る前に必ずマッサージをします。

バストアップクリームはモテホイップを使っています。

何が自分に向いているのか、効果があるのかよく分からないところはありますが、日々の少しの努力と心の持ちようで綺麗になれると思っています。

ストレスもためないようにということも気にしております。この歳になってバストアップのために効果があることは、少しのことを色々続けるです。

オススメのバストケアって人の数だけあると思うんですよね・・・。

誰かにとって最適なことでも他の人にとって最適とは限らないので、人それぞれ何かにこだわることなく好きな方法を見つけることが大事かなって思います。

バストの形も大きさも、もっといえば体重もその日の体調もみんな違うんです。それなのにいつも同じバストケアをすることは良いことだとは言えない気がしますよ。

バストケアはやりたいときやりたい方法で良いんですよ。

決められたことは何もないのだからやってもやらなくてもいい。また、バストがきれいな人や理想のバストの人にケア方法を聞いても本当のことを話しているかなんて分かりません。

何でも同じだと思いますが自分にとって最適だと思う方法を見つけるのって時間がかかることだし、時間をかけて見つけるから価値があるんだと思っています。

 

子育て後のバストケアで重要なことは?

女性にとってバストは大切な身体の一部ですよね。

やっぱり小さいよりは大きい方が良いですし、大きいだけで身体のラインがキレイに見えます。私も以前はバストのサイズはCあって、まぁそれなりの大きさがあった訳ですが…今はBにサイズダウンしてしまいました。

子供達にお乳をあげた事でバストが萎んでしまったのです。授乳中は母乳が作られるという事で、むしろ一時的にDにサイズアップしたんですよ!

ですが、授乳が終わって母乳を作らなくて良いんだよって身体に教えてあげると、なんと元々のサイズよりもダウンしたBになってしまったのです。なんとも悲しい気持ちになりました。でも一度小さくなったものは、自然には大きくはならないもので…。

なので、バストアップする為にはどうしたら良いのか調べて実践してみました。

まずはお手軽に出来る方法として、余計な脂肪をバストへ持っていってみるというものを実践してみました。お腹や背中の脂肪をバストへ持ってきて、ブラジャーの中へ収納。それを続けていれば持ってきた脂肪がバストへ固定されてバストアップに繋がるという事でした。少しは効果があったような気もしますが、腕を上げたら背中のお肉は元へ戻ってしまいますし、お腹の脂肪は動いてる?って位反応が無くてあまり実感は無かったです。

PGブラの口コミはこちら

食事面でも気にしてみました。それは女性ホルモンに似ている効果があるという大豆イソフラボンを取り入れる事。お豆腐などの大豆製品を積極的に取り入れるんですが、一番お手軽に食べていたのはきな粉です。色んな食べ方があると思いますが、私はヨーグルトにかけて食べていました。それのおかげか、授乳をやめた直後よりは少しだけバストアップしたように思います。

ただ、バストを測っていた訳ではないので、見た目だけでの感想になってしまいます。それでも良ければ参考にして頂けると幸いです。

お肌のために気を付けていること

私のお肌のために気を付けている習慣はスキンケア化粧品を使う際に徹底的に肌を擦らないことです。

昔からスキンケア化粧品を購入する際、レビューを見て評価が高かったり、値段が高い化粧品をとりあえず購入しておりました。あまり化粧品の塗り方を気にせず、洗顔なら顔の上に泡をグルグル手で回しながら塗ったり、化粧水もパシャパシャお肌に塗っておりました。

評判がよく、高くて肌に良い成分を含んだ化粧品をとりあえず使っていれば肌は綺麗になるだろうと考えて、特に何も考えず使い続けておりました。しかし、一通りのスキンケアが終わった後、鏡で自分の肌をしっかり見てみると、毛穴が黒ずんでいたり、肌が赤く、化粧水も肌に中々浸透しておりませんでした。

一方で、美容に詳しい弟は同じスキンケア化粧品を使っているのに、肌のキメが細かく、毛穴も綺麗でした。

そこで弟に自分のスキンケアのやり方を見てもらうと、まず化粧品の塗り方が根本的に違うと言われました。

洗顔の泡は泡だけで軽く押しながら顔面上に広げたり、乳液やクリーム等も以前は人差し指を用いて伸ばしながら塗っていましたが、手のひら上でで伸ばし、頬に軽くハンドプレスしながら塗ることを教わりました。

それ以来、教わったことを実践してしていくと以前よりも肌の赤みが減り、毛穴の黒ずみも少し薄くなりました。

また、私は週1回、肌へのご褒美としてちょっとだけ高価なフェイスパックを使用します。

夏は乾きが早く、冬はフェイスパックをつけているだけで寒い。

そんな悩みを解消するために始めたのは、入浴時にフェイスパックをすることです。

メイクを落とし、洗顔を終わらせたら湯船に浸かり、顔にはフェイスパックを乗せ、10分、20分とお湯に浸かります。

フェイスパックの袋の用途説明には5分から10分とあるのでこの方法がいいのかまでは正直わかりませんが、効果がより感じられている気がするんです!

浴室内の湿気でフェイスパックも乾きませんし、温まりながら行うことができ、より癒しの時間ができました。

乾燥肌にはMICHIURU(ミチウル)

湯船に浸かりながらつけていることで毛穴が開き、より成分が浸透しているのではないかと思います。

特に特別なものを用意するわけでもなく、しながらケアができ一石二鳥的な感覚があります。

気持ちいい方法なのでやってみて欲しいスキンケア方法の1つですね!

カナデルプレミアホワイトは効果あり?

シミに悩む女性に人気が高い美白オールインワンの「カナデルプレミアホワイト」。

インスタなどのSNSでも人気が高く、使ってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

特に30代40代以上の女性の評価が高いのですが、本当に美白効果があるのか、特にシミには効果が高いのかどうかというのは気になるところです。

人気はあっても、効果がなければ意味はないですからね。

そこで、ここでは、カナデルプレミアホワイトが本当にシミに効果があるのか、美白効果は実感できるのかを、口コミで調べてみました。

また、私自身が実際に使ってみて、どんな実感があるのか、正直な感想をレビューしていきます。

購入を迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

カナデルプレミアホワイトはシミに効果あり?成分を調査

カナデルプレミアホワイトはシミに効果がある成分が配合されているのかどうか調べてみました。

カナデルプレミアホワイトに含まれる美白成分は、ビタミンCエチル(ビタミンC誘導体)。

カンゾウフラボノイド、トウキエキス、ウメ果実エキス、ユキノシタエキス、ツボクサエキス、キウイエキス、クワエキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、スターフルーツ葉エキス、ヒキオコシエキス

といった美白成分も含まれています。これらの美白成分をボタニカルブライト13と呼んでいて、植物由来の成分なので安心して使えるだけでなく、肌にうるおいを与えてくれます。

美白成分と美肌成分のダブルアプローチで、単に肌を白くしたいという人だけでなく、潤いがあってきめ細かなきれいな肌を目指している人にも人気があるのです。

特に、夏の強烈な紫外線にさらされて疲れてしまった肌に元気を与えたい人は使ってみることをおすすめします。

 

カナデルプレミアホワイトの口コミで分かるメリットとデメリット

カナデルプレミアホワイトの口コミを見てみると、

・保湿力が高くて、しっとりする

・お手入れが簡単

・シミが少し薄くなった気がする

・顔全体が明るくなってきた

などという「使ってよかった」という口コミが多い印象でした。

ただ、その一方で、

・使ったけれど美白できているのか分からない

・つけるとベタベタする

・油っぽい

などという悪い口コミもありました。これらの口コミからカナデルプレミアホワイトのメリットとデメリットがよくわかります。

カナデルプレミアホワイトの口コミはこちら>

メリットは、

・美白に強い(特に、肌全体が明るくなる)

・オールインワンなのでスキンケアが楽

・保湿効果が高い

デメリットは、

・シミがすぐに消えるわけではない

・油分が多いのでべたつく

 

カナデルプレミアホワイトを実際に使ったレビュー!シミに効果あった?

カナデルプレミアホワイトを実際に購入して使ってみました。

公式サイトから購入して数日で商品が届きました。けっこうスピーディーですね。

パッと見はふつうのクリームです。

オールインワンですが、ジェル状ではなくしっかりしたクリーム状。

テクスチャーは、サラサラすぎず、重すぎず。

専用のスパチュラがついているのですが、面倒なので指でそのまますくって使っています(笑)

使用は朝と夜の2回。

念のため注意なのですが、公式には朝と夜の塗る分量が違います。朝の方が少なく、夜の方がやや多めですね。

クリームが入っている箱に、朝夜それぞれの目安分量の大きさが書かれているので、最初はそれに合わせて使ってみるといいでしょう。

ただ、個人差があるとは思うのですが、私の場合は夜の目安分量そのまま使うとちょっと多いような気がしました。

カナデルプレミアホワイトは油分が多めなのですが、夜の分量をそのまま使ってみると肌になかなか浸透しないかんじで、べたつきがひどく感じました。

美白化粧品はどうしても肌が乾燥しがちなので、美白しながら乾燥を抑えるために油分が多く含まれているというわけです。

油分が多いクリームをたっぷり塗ったら、どうしてもベタベタしてしまいますよね。

なので、最初は目安分量そのままで使ってみて、自分の肌感に合わせて調節していくのがいいと思います。

ちなみに、朝の分量は私的には適量と感じました(パール大2つ分)。

しっとりしながらべたつかないので、使って不快感はまったくありません。

そして一番気になる「美白力」ですが、正直に言って、塗って数日とかで肌が目に見えて白くなったり、シミが消えたりすることはありません。

漂白剤ではないですからね!すぐに結果を求める人には向いていないと思います。

では、美白効果がないのかというと、そんなことはないです。

私が実感できた一番の効果は、肌全体が明るくなったこと。くすみが消えるというのでしょうか。

シミは依然としてまだあるのですが、全体的に肌が明るくなって、印象もだいぶ変わったのを実感しています。

また、美白面だけでなく、肌のキメが整ってきれいな肌になってきました。

肌にハリも出てきて、滑らかでもっちりした肌感です。

オールインワンなので、スキンケアが簡単に済んでしまうのも嬉しいポイント。面倒くさがりの私にはぴったりです(笑)

そして、先ほどシミは依然としてまだあると書いたのですが、1か月以上使ってみると少し薄くなってきた気がします。

数値で測っているわけではないので正確ではありませんが、パッと見たかんじであまり目立たなくなってきているのが分かります。

肌にはターンオーバー周期があって、肌が新しく生まれ変わるまでには1か月から1か月半くらいの期間が必要です。

なので、数日とか数週間で結論を出すよりも、最低1か月以上使ってみて変化を見極めてみるのがいいでしょう。

実際に、私のようにくすみやシミの悩みがある人であれば、1か月以上使い続けると少なからず変化を感じることができると思います。

 

カナデルプレミアホワイトに副作用はあるか調査

私自身はカナデルプレミアホワイトで副作用のような症状は一切ありませんでしたが、他の利用者で副作用が出たという人はいるのでしょうか。

口コミを見てみると、肌にニキビのようなものができたという人がいました。

上にも書いたように、カナデルプレミアホワイトは美白成分による肌の乾燥を防ぐために、油分が多めに配合されています。

なので、肌質によっては吹き出物などの反応が出てしまう可能性はあるということでしょう。

これを防ぐには、やはり「自分にとっての適量」を見極めること。

ちょっと自分にはあぶらっぽすぎるなと思ったら、つける量を少なめにして調整してみてください。

 

美白のコツは?カナデルプレミアホワイトの効果的な使い方

カナデルプレミアホワイトでしっかり美白したい、シミをどうにかしたいと思っている方は、使い方にも工夫してみてください。

カナデルプレミアホワイトで使われている美白成分はビタミンCエチル。

安全性が高く、それなのに美白力が高いことで有名な成分です。

顔全体にカナデルプレミアホワイトを塗るだけでなく、シミなどの気になる部分には集中的に上塗りしていくのがポイント。

美白成分をしっかりと肌の気になる部分に浸透させるようにしてください。

 

毎日の美白ケアをカナデルプレミアホワイトで!

美白ケアは毎日続けてこそ効果を発揮します。

「ライン使いだと面倒で続かない」

「美白化粧品は高くて続けられない」

そんな人は、オールインワンで手軽に美白ケアができるカナデルプレミアホワイトを使ってみることをおすすめします。

オールインワンだからと言って、美白力が低いわけではありません。美白力が高い成分ビタミンCエチルを、肌に浸透しやすいクリーム状にすることで、しっかりと肌の奥まで届けることができるすぐれもの。表面だけの美白とは違い、肌の奥からケアしてくれるのです。

美白だけでなく美肌成分もたっぷり入っているので、肌のキメやハリを取り戻したい人にもピッタリ。

カナデルプレミアホワイトで、美白ケアを習慣にしてみましょう!