プリントアウト版

kindleで発売されている大沼の著作ですが、電子書籍は苦手という方が結構いらっしゃるみたいです。そこで、プリントアウト版を作ってみました。

1枚1枚、大沼が自分でプリントアウトして、自分で製本しています。

なので、サインが欲しいという方がいらっしゃいましたら、申し込みの備考欄にサイン希望と書いていただければ、サインをお入れします。

kindle用の原稿から、プリントアウト用の原稿に編集し直すのが想像以上に大変だったので、出来上がったものから少しずつ販売していきます。

山口少年探偵団 消えた臨海学校

インターネットラジオ「山口少年探偵団」(2001)に登場した名探偵・大沼先生と探偵助手・山口少年の出会いのエピソード。
小説の形で書かれ、番組内で山口勝平さんによって朗読されました。

A4、2段組。

全27ページ。

  • 在庫あり
  • お届け日数:3日~5日
フリーダム探偵局

山口勝平、岡本麻弥、大沼弘幸の三人は、ラジオの人気番組「フリーダム探偵局」のパーソナリティー。その「フリーダム探偵局」の収録スタジオに、ある日、とんでもない荷物が届いた……!1996年に発刊された単行本を元に、加筆修正しました。

A4、2段組。

全56ページ。

  • 在庫あり
  • お届け日数:3日~5日
トーキョー奇譚

 この本は、WEBラジオで配信されたラジオドラマの台本集です。同タイトルのラジオドラマの台本に加え、朗読劇用に書いた台本(ステージ上で演じられるため、多少の動きもある)や、同じような傾向の他作品の台本も掲載しました。
 一応ホラーテイストではありますが、本格的な恐怖ものというよりは「少し不思議」というニュアンスの作品が大半を占めます。
 ラジオドラマの台本は、本来、表には出ないものですが、やっぱりもの書きとしては「文字でも読んで欲しい」という欲求がありまして、今回の刊行に及びました。
 そして、もう一つの刊行理由は、新人の声優さんや研修所に通う声優さんのタマゴたちがよく言うことなんですが、実はラジオドラマの台本というのはほとんど世に出ていない、ということにあります。
 今の時代、自分たちでラジオドラマを作って、自分たちで配信することも簡単にできるようになりましたが、使えるような台本がほとんどないというのが現実です。
 そこで、この本は、そういう人たちに使って欲しいという意図もあって作りました。
 この本に掲載されている作品を配信、あるいは上演したいという方は、連絡さえいただければ(さすがに、自分の作品がどこかで公開されているのに、作者本人がそれを知らないというのは辛いので)、使用料なしでの配信、上演を許可したいと思っています。
 それでは、「少し不思議」な『トーキョー綺譚』の世界、存分にお楽しみいただければ幸いです。

A4、3段組。

全90ページ。

  • 在庫あり
  • お届け日数:3日~5日

kindl版