メカゴジラの逆襲

麻宮騎亜

販売元:東宝
販売元:東宝

 初代メカゴジラというと、すぐに名前が挙がるのが1作目の『ゴジラ対メカゴジラ』なんですが、僕は2作目の『メカゴジラの逆襲』のほうが好きなんですよね。

 オープニングで前作のダイジェストが流れるんですが、『ゴジラ対メカゴジラ』の見どころが全部入っているんです。だから『メカゴジラの逆襲』を見れば、初代メカゴジラはもうそれで充分(笑)。

 しかも『メカゴジラの逆襲』は監督が本多猪四郎さんで、音楽が伊福部昭さんなんです。伊福部さんの音楽でメカゴジラが見られるなんて、最高ですよ。

 ストーリーも、本多監督がどこまで意識しているのかはわかりませんが、1作目の『ゴジラ』のオマージュなんですよね。平田昭彦さんがマッドサイエンティストを演じていて、その博士が育てたチタノザウルスは「ゴジラ」そのものなんです。

 チタノザウルスのデザインも嫌いじゃないですよ。怪獣としては正統派じゃないかもしれないけど、海竜っていう性質から考えれば理にかなったデザインだと思います。

 なによりメカゴジラの見せ方がかっこいいんですよ。ひたすら悪役に徹している。1作目のときは、ただ突っ立っているだけというポーズが多かったんですが、2作目はずっと俯いているから、目がいつも怒っているような感じで、うまい見せ方をしていましたね。

 当時の怪獣映画は予算が厳しくなっていて、山や荒地で戦うシーンばっかりだったんですが、この作品ではちゃんと市街戦を新撮してるんですよね。しかも、なにかで読んだんですが、このシーンでは火薬の量を多くしすぎたらしく、メカゴジラがミサイルを発射すると、ビルが土台ごと吹っ飛ぶんです。映画館で見たのは子供の頃でしたけど、子供心にも「ウワーッ! すげーっ!」って思いましたからね。

 あと、ゴジラの登場シーンがメチャクチャかっこいいんですよ。夜の街をメカゴジラとチタノザウルスが破壊していて、カメラがパンすると、パパッとフラッシュが光って、ゴジラがシルエットになって現れる。そこだけ見ても、この映画の凄さがわかると思いますよ。

 山間部での戦いでも、ちゃんと起伏を作って、平面じゃない戦いを演出してるんですよね。さらにスモークを焚いて、空気遠近法を使って巨大感を出してる。しかも、そこで高速度カメラを回して、メカゴジラとチタノザウルスがゆっくりカメラを見るというカットがあって、もの凄くかっこいいんです。

 そして、なによりも感動するのは、ラストシーンですよね。夕陽に照らされた海面をゴジラがゆっくりと遠ざかっていくんですけど、第1期ゴジラがこれで終わるという哀感が漂っているいいシーンなんですよ。

 怪獣映画が好きだっていう人にはぜひとも見てほしい作品ですね。

(インタビュー・構成/大沼弘幸)

作品データ

【スタッフ】監督:本多猪四郎 脚本:高山由紀子 特技監督:中野昭慶

【キャスト】佐々木勝彦 平田昭彦 藍とも子 大門正明 佐原健二

商品リンク

著者プロフィール

麻宮騎亜(あさみやきあ)
 1963年生まれ、岩手県出身。マンガ家。代表作は『サイレントメビウス』『聖獣伝承ダークエンジェル』『快傑蒸気探偵団』『彼女のカレラ』『姫神ガジェット』等。『仮面ライダーフォーゼ』の怪人デザインも担当。